手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

2019 10月 08

ネットで何でも買うことができる時代になってきました。もちろん手元供養も購入することができます。お坊さんもネットでお願いできますし、お骨を送って供養をしてもらうのもネット頼めます。

ではネット注文の場合で注意することはなんでしょうか?他のショッピングと違うところはあるのでしょうか?

お届け日に注意


明日が誕生日なのにネットで購入したプレゼントが、まだ届かない!間に合わないかも!っていう経験をした人は少なくないと思います。

最近1〜2日で届くなんと当たり前のようにあります。

たま〜に海外発送になっていて、1週間経っても届かない場合もあり不安になったりもします。前もって注文できる慎重、丁寧な人はいいのですが、私みたいに大雑把な性格だとこういことになってしまいます。

納骨に間に合わないということにならないよう、余裕を持って注文しておきましょう。また購入する店舗にいつ届くかを確認をとってから注文しましょう。

大きさに注意


手元供養はお骨を対象とした供養方法で、手元供養品には、お骨を入れることができます。ただネックレスタイプなど小さな手元供養品に入るお骨の量は思ったよりも少なく感じます。なのでより多くのお骨の量を納骨したいのであれば、手元供養品の大きさには注意しましょう。

ひのきの骨壺藍染

弊社の手元供養品で一番大きなものはこちらの骨壺となります。手元供養品の中でも、かなり大きい部類になります。

人間のご遺骨であれば、どうしても分骨することになりますが、ペットの小動物では、この大きさならすべて納骨することができるかもしれません。

素材に注意


手元供養品の中には漆を使ったものもございます。乾燥させた状態で、通常ではアレルギー反応は起こしませんが、まれに肌の弱い方は、漆製品と聞いただけでかゆくなったりするようです。

漆商品の場合は、必ず漆と記載しておりますので、ご注意ください。

小町(さくらに拭き漆)

納骨ペンダントの小町の中に、漆塗りの製品がございます。ペンダントの場合、トップの部分が肌に直接あたる場合があります。お肌の弱い方や心配な方は肌に直接当たらないように、インナーを着るなどして肌を守るか、漆塗りでな商品をご選択ください。

初めに

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について

商品を探す

お役立ち

お買い物ガイド