手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 商品紹介

ノーイメージ

仏壇がなくても素敵な供養ができる手元供養を紹介

さて先日は「マンションで供養をしたい方に手元供養をおすすめする理由とは」を紹介しましたが、今回は、色々な理由から、仏壇を置けない、だけども供養はしたいという方のために、素敵な供養ができる手元供養を紹介します。 なぜ素敵に […]

続きを読む

お地蔵さんの背中の文字

手元供養をお探しなら、自由な文字が焼付できる納骨オブジェがおすすめです

手元供養はお骨の行き先の1つの選択肢として、認知されてきました。博國屋のお客様でも、「樹木葬と手元供養」、「散骨と手元供養」と数年前には考えられなかっった組み合わせも当たり前となってきました。 ではその中もでどんな手元供 […]

続きを読む

手元供養のミニ骨壷のミニサイズ

手元供養の始め方を博國屋の手元供養品で解説いたします

手元供養を調べると「故人であるご遺骨を、ミニ骨壺など手元供養品に移して自宅で供養すること」と、なんとなくのイメージを思い浮かべることができると思います。 だけども実際に行うには、どうすればいいのかと迷ってしまいます。初め […]

続きを読む

納骨オブジェタイプ

手元供養の種類説明、小さい物から大きいな物まで

手元供養の種類ってどれだけあるのだろう?人によっては、手元供養品ってペンダントのことでしょ?と1種類しかないと思っている人もいるかもしれません。 良くも悪くも細かいルールがないので、お骨を対象とし供養できる物をすべて手元 […]

続きを読む

手元供養のひのきの台のサムネ

手元供養で最近多くお問い合わせ頂くのが意外な商品です

手元供養というのは、良くも悪くも旬というのがありません。お店としてはたくさん売れるのが良いかもしれませんが、商品の特性上、需要があるということは悲しみもそれだけあるということなので、素直に喜べません。 だけども、なぜか同 […]

続きを読む

カテゴリのミニ骨壷

分骨するならミニ骨壷がおすすめの理由-初めての手元供養-

さて、最近「手元供養」に関するお問い合わせが増えております。手元供養だけではなく、「手元供養して残りの遺骨は散骨します。」「樹木葬にしたけど、手元供養もするわ」といった○○+手元供養という現代的な供養方法を選ぶ方が増えて […]

続きを読む

手元供養の地蔵は瑞光窯で作られています

手元供養の地蔵は250年の歴史がある瑞光窯で作られた清水焼です

博國屋の手元供養品の看板商品である優しいお顔のお地蔵さまは清水焼きの焼き物です。機械で作るよな大量生産品ではなく、1点1点土から作っているので、年間でも限られた数しか作ることができません。 京都の今熊野という地域にある窯 […]

続きを読む

喉仏が入るひのきの骨壷のサムネ

手元供養品でお骨がたくさん入るものはどれ?

手元供養に納骨するならできるだけたくさんのお骨を入れたいと思うのが普通だと思います。お骨の量で供養の気持ちは変わりませんが、故人であるご遺骨をなるべく多く手元に置いておきたい、それならどの手元供養品を選べばいいの? ミニ […]

続きを読む

手元供養の追憶のサムネイル

清水焼の手元供養を追憶。ミニ骨壷がついた1人~2人用の手元供養品です。

手元供養品で多いのはミニ骨壷とペンダントタイプのものです。最近はお洒落なものも多く、博國屋の「ひのきの骨壷」も好評です。骨壷に見えないスマートなものが多いのですが、逆に故人を想い起こすタイプのものはいかがでしょうか? 磁 […]

続きを読む

手元供養の地蔵と礎

手元供養のミニ骨壷の今月の人気者はこちら!

お盆も終わり、秋に向かっております。昨年よりはマシに思えましたが、やはり夏は暑いです。駅から会社までの道のりで、なんど心が折れかけたことか… さて、たまには手元供養のトレンド紹介ということで、最近ご注文が多い手元供養 […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について