手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 商品紹介

焼付の令和の文字

手元供養の「令和」の文字焼付はこんな感じ!

手元供養の文字焼付の「令和」はどのような感じになるのでしょうか? 新元号が先日4月1日に発表されましたね。 「令和(れいわ)」 新鮮な響きで、個人的にはスマートな響きで気に入っています。では漢字でみたらどうでしょうか?博 […]

続きを読む

納骨ペンダントの黒檀と紫

手元供養するなら納骨ペンダントがおすすめの理由

大切な人を亡くされた方の喪失感は図りしれず、悲しみを乗り越えるには多くの時間が必要となります。少しでも気持ちが落ち着くよう、亡き人のご遺骨を身につけるという選択もあります。 手元供養では「納骨ペンダント」がおすすめです。 […]

続きを読む

文字焼付の没年月日

手元供養の文字焼付は元号で?西暦で?

手元供養品に文字や写真を焼き付けする博國屋オリジナルの商品がございます。自由なメッセージを焼き付けすることができる、 博國屋のロングヒットの手元供養品ですが、メッセージの中に生年月日や没年月日を記載する場合が少なくありま […]

続きを読む

地蔵の文字焼付について

手元供養品の地蔵はどこに納骨するの?

手元供養の代名詞でもある地蔵。博國屋の看板商品ですが、見た目からは、どこに納骨できるのかわからないようになっています。なるほどと思われる仕様になってますのでご紹介致します。 地蔵は納骨オブジェの外面   実は地 […]

続きを読む

和風のイメージ

手元供養の中には漆を使ったものがあるのをご存知ですか?

漆器といえば、伝統的な技術を用いて、綺麗で高級な器というイメージでしょうか?お客様に出す器や、高級料亭で出てくるイメージですが、実は手元供養品にも漆が使われることが少なくないのです。   手元供養で漆を使うメリ […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について