手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養ブログ

手元供養と開眼供養

手元供養と開眼供養など、前準備は必要?

手元供養は供養方法の一種で、小さなお墓とも称されるのでお墓と同じようなことをした方が良いと思う方も少なくありません。 開眼法要というのをご存知でしょうか?仏壇や、お墓を新しく建てた場合に行う儀式です。手元供養の場合も必要 […]

続きを読む

手元供養でお墓はいらない

手元供養でお墓はいらない、それ以外は?

無宗教でお墓を買うことに疑問があったり、海や山への散骨希望というお墓を買わない選択肢が増えているようです。もちろんその中に手元供養をするということもあるようです。 お墓の代わりに手元供養するなら、それ以外に必要なものは何 […]

続きを読む

手元供養と散骨と残りの遺骨

手元供養と散骨を合わせて残りの遺骨の行き場所を考える

手元供養をしたい、散骨もしたい。どちらをどのぐらいの割合で分骨したらいいのか?残りの遺骨はどうしたらいいのか?初めての方でも安心できるようご説明致します。 手元供養と散骨 この組み合わせは非常に良いと思います。思い出の地 […]

続きを読む

手元供養と埋葬について

手元供養と埋葬について考えてみる

手元供養と埋葬、両方とも御遺骨に関することですが、やり方や、必要なものなどまったく違います。どちらが良いというわけではないのですが、知っておいた方がいいということをご紹介致します。 お骨の行き先は手元供養か、埋葬か どち […]

続きを読む

手元供養のひのきの台メイン画像

手元供養の供養台なら○○製のこれがおすすめです!

手元供養をしたけれど、大事に飾りたい。手元供養はどのように自宅で置くのがいいの?と手元供養に関する疑問を頂戴します。 「それは自由です!」と応えるのは簡単ですが、自由な中、個人的におすすめの供養台を紹介させていただきます […]

続きを読む

鉾のイメージ

祇園祭は1ヶ月間!山鉾巡行だけじゃない!

祇園祭真っ只中です。祇園祭といえば、「鉾」。そしてその鉾が練り歩く「山鉾巡行」が最大の見せ場です。 ピークは7月17日の前祭山鉾巡行、そして宵山、宵々山に非常に多くの人が集まってきます。 京都市の建物は景観条例のため、背 […]

続きを読む

読売ライフに掲載

読売ライフに博國屋の手元供養品を掲載いただきました。~新しい供養~

読売ライフ2019年8月号に弊社の手元供養品を掲載頂きました。読売ライフは、読売新聞をご購読している方に毎月届く情報誌です。情報満載の謳い文句に違わぬ、グルメやお得情報、コラムなど掲載しています。 その中でも今回の特集と […]

続きを読む

手元供養の骨壷のサイズ

手元供養の骨壷はこの大きさがちょうどいい!

骨壷のサイズの単位は「寸(すん)」です。ただでさえ馴染みのない骨壷なのに、わかりにくい単位で言われるとさらに混乱します。 まあ骨壷の場合は、入りきらないということはありませんのでご安心を。 手元供養の場合は、定義のあるサ […]

続きを読む

ノーイメージ

手元供養と仏壇の関係!相性はどうなのか?

手元供養は、故人であるお骨を対象とし、自宅(手元)で供養する方法です。さらに現代的に対応しているため、仏壇の無い方、置けるスペースや、和室がなくても対応できるように、小さなサイズとなっています。 その特性から、いつでも肌 […]

続きを読む

手元供養を携帯する

手元供養を携帯する事は悪くない!これだけは気をつけて

手元供養は、故人であるお骨を対象とし、自宅(手元)で供養する方法です。さらに現代的に対応しているため、仏壇の無い方、置けるスペースや、和室がなくても対応できるように、小さなサイズとなっています。 その特性から、いつでも肌 […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について