手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養ブログ

手元供養の骨壷を店舗で

手元供養の骨壷を店舗で実際に手にとってみたい

骨壷を目にする機会というのは多くないと思います。いざ探そうと思ってみるも、どこに売っているのか、わからない。昨今、インターネットで「骨壷」と探せばいくらでも検索結果にヒットします。 しかし実際に、手元供養の骨壷を店舗で見 […]

続きを読む

のどにほとけ

のど仏が入る骨壷は、このぐらいの大きさがあれば十分

※この記事には、のど仏(第2頚椎)のサンプル模型の画像が使われております。本物を模した骨の形のサンプルとなっております。 のど仏って? 生きている時にイメージする「のど仏」と、遺骨の「喉仏」(分かりやすいように漢字とひら […]

続きを読む

令和手元供養セット赤地蔵

手元供養を飾るステージを考えて見る

手元供養を飾るステージはどうされるのでしょうか?仏壇の中に安置する方も少なくありません。またインテリアを飾るように、敷物を敷いてその上に手元供養品を飾るのもありです。 手元供養をされる方の自由に、故人様を想いながらしてい […]

続きを読む

手元供養の処分はどうすればいいの

母がしていた父の手元供養はどうすればいい?|最期まで安心の手元供養

手元供養という言葉が生まれてまだ20年弱ですので、この問題はまだ少ないのですが・・・ もし手元供養をしている方が亡くなった場合、その手元供養はどうすればいいの?という問題です。手元供養のその後を考えたいと思います。 手元 […]

続きを読む

手元供養のひのきの台のサムネ

手元供養の新商品の紹介-ひのきを使った台座-その2

この記事は「手元供養の新商品の紹介-ひのきを使った台座-その1」からの続きの記事になります。その1を未読の方はぜひ前の記事から閲覧ください。 前回の記事では、素材に何を使ったかを、その素材の特徴を紹介しました、続いて形に […]

続きを読む

手元供養のひのきの台のサムネ

手元供養の新商品の紹介-ひのきを使った台座-その1

博國屋オリジナルの手元供養関連商品の紹介。2019年5月1日から発売となりました。令和元年初の商品紹介です。 手元供養に合わせる台座やステージは、今までもありました。結構仏壇屋さんが、小さな仏壇として作っているのを手元供 […]

続きを読む

手元供養の地蔵断面図

手元供養のお地蔵さんは優しいお顔で癒やしの効果

博國屋の看板商品であるお地蔵さん。手元供養の代名詞として、今まで多くのお客様の元へとお送りしてきました。 お地蔵さんの魅力とは・・・いかに 優しく微笑む笑顔 手元供養にはグリーフケアの役割があります。お骨を納骨してホッと […]

続きを読む

ひのきのステージのディスプレイ例

手元供養のステージが新発売されました。○○を使った綺麗な台座です。

手元供養品をよりよく大切に扱うために、供養台やステージと呼ばれるものに飾ることができます。博國屋の新商品として発売された手元供養のステージをご紹介いたします。 商品の購入・詳細ページは「ひのきの台と写真台詳細」からご覧く […]

続きを読む

はじめての手元供養の購入

手元供養の購入の仕方。ネット通販が初めての人へ

全国どこでも売っているのならいいのですが、地方限定の商品など、ネット通販を使わざるを得ません。 手元供養は、近年売っている所が増えましたが、「ちょっと手元供養を購入してくるわ」といって買えるものではありません。なのでやは […]

続きを読む

黒檀調台座とお香たて、花立のセット

手元供養の台って、何でもいいのかしら?なくてもいいのかしら?

手元供養の台って、仏壇のようにしっかりしたものが必要なのか?そんなものを置くスペースもないし、そもそも和室もない。じゃあ手元供養できないの? もしかしたら、このように思われて中々、手元供養に踏み出せない人もいるかもしれま […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について