手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養ブログ

お地蔵さんのベージュ色の商品サムネイル

手元供養とミニ骨壷の秘密の製法

人の口に戸は立てられぬもの、ネットの情報にはフタができぬもの。ですが、博國屋の看板商品お地蔵さんとミニ骨壷の秘密の製法をちょこっと紹介します。 ミニ骨壷はどこに収まるのか? この可愛らしく、優しいお顔のお地蔵さんは手元供 […]

続きを読む

手元供養の一周忌にすること

ミニ骨壷を生前に準備することは優しさの行為?

以前お客様(A様とします)とのやり取りで、こんなやり取りがありました。「父が突然の病に倒れ、危ない状態が続いている状況にあり、早いが(ミニ骨壷を)購入します。」とのことでした。 少し内容はぼかして書きますが、その時の気持 […]

続きを読む

手元供養の残りの遺骨

ミニ骨壷は納骨した状態で海外に持っていけるのか?

手元供養の中でもミニ骨壷や、納骨お守り、メモリアルペンダントは携帯に便利で、肌身離さず持ち運ぶ方もいらっしゃいます。また旅行に一緒にいったりされる方もいらっしゃいます。では海外旅行などの場合はどうでしょうか? お守りタイ […]

続きを読む

手元供養のひのきの台のディスプレイ例

手元供養やミニ骨壷という言葉が一般的になっています

今や手元供養やミニ骨壷という言葉が一般的になっています。手元供養は、今から20年程前の2000年以降にできた供養の方法を指す言葉です。 そこから「手元供養のミニ骨壷」や、「手元供養のペンダント」「手元供養の納骨オブジェ」 […]

続きを読む

遺骨と別れがたい時は手元供養に

ミニ骨壷に移すとき、骨壷って開けていいの?

矛盾というか、パラドックスというか、変なタイトルは承知の上ですが、「手元供養のミニ骨壷にご遺骨を納骨する際に、ご遺骨が入っている骨壷を開けていいのか?」という話です。 文字通りなのですが、一般的に、火葬場でご遺骨を白磁器 […]

続きを読む

手元供養と散骨と残りの遺骨

ミニ骨壷を身近に置くことが法的にどうなのか?

手元供養が世に出始めて早20年弱。今や様々なミニ骨壷がamazonや楽天でも販売されています。全国に浸透していると感じる今日この頃ですが、手元供養でよく聞かれるのが「自宅にミニ骨壷に納めたお骨を置くことは違法ではないので […]

続きを読む

手元供養のミニ骨壷に適した素材

ミニ骨壷の費用はどのぐらいが妥当?

ミニ骨壷に掛かる費用はどのぐらいだろう?大切な人を偲ぶのに、安価なものを選んでは、故人に悪いのかなあ?と思う方もいらっしゃいます。 故人への想いが強ければ強い程、供養に関する悩みも出てくると思います。個人的には、供養に関 […]

続きを読む

手作り品の手元供養

ミニ骨壷付きお地蔵さんの製作現場をちょこっと紹介

博國屋の代表商品でもあり、手元供養の代名詞でもある納骨オブジェのお地蔵さんは京都の清水焼で出来ております。清水焼のお地蔵さんはあくまで外側、内側には真鍮製のミニ骨壷が入る仕様となっています。 今回はその外側である清水焼の […]

続きを読む

地蔵のミニ骨壷の八角舎利

「骨壷から自分で取り出していいんですか?」ミニ骨壷に納骨する場合

骨壷からミニ骨壷への移し替え 先日、おもいで碑を購入された方と電話で話していたときのこと。 「お骨は自分で舎利台座に入れるんですか?」「骨壷から自分で取り出していいんですか?」 考えてみれば普通、遺骨とあい対する経験は、 […]

続きを読む

ライフドットのスクショ

LIFE.(ライフドット)にNPO手元供養協会が紹介されました。

手元供養の発展は、NPO手元供養協会の存在を無くしては語れないということで、NPO手元供養協会の会長で、博國屋の店主でもある山崎を取材頂きました。 ちなみにライフドット様は、お墓や葬儀、仏壇や葬儀といった、ライフエンディ […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について