手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養について

バチあたり?

手元供養で分骨するなんてバチあたり?

A:法律上なんら問題ありません。 手元供養は分骨することが多いのですが、分骨することは、離れ離れになるイメージから、皆様「分骨すると成仏できない」と迷信が気になるようです。一番大事なのは供養したいと思う心と、知り合いの住 […]

続きを読む

骨が溢れる心配

遺骨がこぼれてしまったり、破損の心配はありませんか?

A:安心、安全にお使い頂けるよう、素材からこだわっています。丈夫で割れない、水をいれてもこぼれない骨壷がございます。 手元供養品は、自宅供養とも言われ、家で安置できるようにオブジェタイプのものがございます。インテリアのよ […]

続きを読む

喉仏のイメージ

手元供養品には喉仏を入れた方がいい?

A:決まりはありません。どこのお骨でも故人の生きた証となります。 喉仏は入れなくていいの?と聞かれることもありますが、あまり気になされなくても良いと思います。火葬されたお骨は大変脆くなっていますので、のど仏と言われる、第 […]

続きを読む

骨の重さ

手元供養品にはどれだけの骨が入るの?

A:手元供養品によって様々ですが、ペンダントタイプが少量で、ミニ骨壷のタイプがより多くのお骨を入れることができます。 火葬後に拾骨するための骨壷は、6寸から7寸という大きさになります。1寸は約3.03cmほど。6寸の骨壷 […]

続きを読む

問題?

遺骨を自宅に置いたら問題?!

A:まったく問題ありません。 遺骨の扱いに関する法律「墓地、埋葬等に関する法律」からも全く問題はありません。ご安心下さい。お客様の中では、1年以上自宅で安置されていた方もいらっしゃいました。離れ離れになりたくないから寂し […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について