納骨お守りいのちのどんぐりキャッチコピー
いのちのどんぐりプロジェクト

東日本大震災を受け、2011年5月16日から年末まで博國屋店主山崎譲二は、全国の賛同者の協力を得て 被災者のご遺族に手元供養品「いのちのドングリ」を無償でお届けする「いのちのドングリプロジェクト」運動を行ってまいりました。 この間NHKをはじめ多くのテレビ、新聞社からご紹介頂き、全国の賛同者から戴いた2,045,535円のカンパを元に、 岩手、宮城、福島県の被災ご遺族の方に「いのちのドングリ」590個をお届けすることができました。 そして、2011年12月31日をもってこのプロジェクトは終了いたしました。この間様々なマスコミの報道を見て、何百人もの被災ご遺族以外の方からも、 「いのちのドングリ」を譲って欲しいとのお電話やメールをいただきました。このようなご要望にお応えし、 塗装を施すなど、永くご愛用頂ける仕様に改めた上で販売を行うこととなりました。

肌身離さずいつも一緒に

納骨お守りいのちのどんぐりいぶし銀のディティール

手のひらに納まる、大きすぎず小さすぎない手元供養品。金属製なので、ギュッと握りしめて故人を偲ぶことができます。 分骨する時にも適した大きさで、お骨を粉骨することで、より多くのお骨を入れることができます。 アルミ素材のため丈夫ながらも軽くしあげています。

お客様の声

手元供養を利用したお客様の声

ドングリが届き、涙が止まりませんでした。大切に側に置いて握りしめ毎日話しかけます

あまりに突然の看取るどころか最期の姿まで知ることもできない別れでしたがどんぐりの中の小さな遺骨のかけらで生前よりもより近くに感じられる気がします

納棺の時せめてと思い故人の髪を手元に残しました・・・その髪と形見の品を入れたいと思います

内容物とサイズ特徴

納骨お守りいのちのどんぐりのお出かけ袋とサイズ感

※サンプル画像はいのちのどんぐり春となります

布袋

携帯できる大きさですが、カバンの中に入れる際に傷が付かないよう、布袋をお付けしております。どんぐりがちょうどよく入るサイズです。

握りしめる手元供養

手の中に収まるサイズ感を大切に、丸みをだして優しい風合いにしています。

納骨方法

納骨お守りいのちのどんぐりの納骨方法

※サンプル画像はいのちのどんぐり漆となります

納骨部分にはお米で約7g程の容量があります。お骨が大きくて入らない場合でも、高温で焼かれたお骨はとても脆くなっており、紙などに包んで折れば簡単に小さくできます。 付属の和紙に飴玉の包みのように巻いて、両端をねじってとめればこぼれません。ご遺骨以外にも、故人ゆかりの品を納める方もいらっしゃいます。

握りしめられる大きさ

納骨お守りいのちのどんぐりのサイズ比較

手の中で握りしめられる大きさです。3色とも同じサイズですが、漆(左)は素材に真ちゅうを使っているので重みがあります。右2つはアルミ素材なので軽くなっています。

※こちらの商品を単品でご注文いただきました場合は定形外郵便での発送になります。
ポストへの投函という形でのお届けになりますので、日時指定、代引きの取扱いができません。ご注意下さい。

今一番、見られている手元供養はこちら