ひのきの台のバナー

手元供養品は、ミニ骨壷だったり、ペンダントや、オブジェタイプなど様々です。手元供養を飾る供養台をご紹介します。仏壇のように、香立てや、おりん、花立などは絶対に必要というわけではありませんが、初めての手元供養にぴったりの飾り台となっています。

手元供養の台座


 

特別な決まり事はないのですが、手元供養品の特性として手元で供養する小さなサイズの物が多いので、それに合わせ台座も幅が30cm前後で自宅で供養しやすいサイズ感になっています。

ひのきの台と写真台


 

大小2つで1セットの台座。ひのきの美しい木目をシンプルに表現しています。所々で丸みを出し柔らかく優しさを表現しています。小さな台には溝を彫っており、現像したお写真を飾ることができます。職人による手作り品となり、樹齢の長い木を選んでいるので年輪が細かく美しく見えます。

手元供養のひのきの台メイン画像

黒檀調台座セット

黒檀調台座とお香たて、花立のセット

厚みと光沢のある台座となります。表面にウレタン塗装を施しているとは思わないリアルな質感が特徴です。

輪島黒漆台座セット

輪島漆塗り台座とお香たて、花立のセット
木目を活かした輪島漆塗り、樹齢80年を越える杉なので、年輪の濃淡が綺麗なラインを生み出します。