----Point1----

心を癒やす笑顔の地蔵

グリーフケアの手元供養

----Point2----

骨壷内蔵型のオブジェ

特許庁実用新案認定の技術

----Point3----

手作りと土の味わい

240年続く清水焼の窯元で制作

手元供養おじぞうさんのキャッチコピー

手元供養の代名詞

手元供養のお地蔵さんベージュの3方向からのスタイル

お地蔵さまの中にミニ骨壷が内蔵しますので、大切なお骨を守ってくれます。また「地蔵」は、危機から身代わりに守ってくれるといいます。大切なものを守り、残された人も守ってくれ、皆を笑顔にしてくれるという願いを込めております。

お客様の声

手元供養を利用したお客様の声

思っていた以上に気持ちが柔らぎました。理想的な物だと思います。何より主人は自分の母より早くに逝ってしまいましたのでお地蔵さんに包まれると思うと安心します。 仏壇は主人の実家にありますので、そちらに全部おいてしまうと主人が住んでいた家にも何かおけないかと思案しておりました。絶好のお地蔵さんに来て頂きました。

優しい穏やかな顔をされ安らぐ。思わず姉に語りかけてしまう。実際に声をかけ会話をしている気になっています。

毎日拝んでいける。毎日見守ってもらえる。 そして、嫁ぎ先の墓に両親も一緒に連れて行けると思いました。父と母…ならんで幸せそうに見えます。

納骨容量が多い

より身近に置いておけるペンダントタイプも人気ですが、納骨できるお骨の量はごくわずかです。しかしこのお地蔵様は30ccと手元供養の中でも多くお骨を納骨できます

作り手瑞光窯

手元供養の制作窯元瑞光窯
瑞光窯の窯の風景

進化する工房

1771年 京都・五条坂に開窯 清水坂に近い今熊野で240年以上続く清水焼の窯元「瑞光窯」の職人さんの手によって一品一品丁寧に製作されています。 現代では他産地で機械化が進むなか、手作り手描きによるゆえに少量生産ながら高品質のものを生み出しています。

瑞光窯の地蔵制作

京焼・清水焼

かつては高級料亭など、一部の富裕層だけが触れることができた高価なものでしたが、1人でも多くの人に、清水焼の感動を伝えることが重要とし「伝統を未来にひらく」と考えています。

瑞光窯の職人

手作りの良さ

見た目の穏やかな顔の印象とは逆にずっしりとした重さ、手描きの顔は、同じ微笑みでも微妙に違うのでどれも味わい深い逸品となっています。熟練の職人とはいえ、10体作って10体良しとはならず、厳しい検品基準から選ばれたお地蔵様のみを納品しています。季節によって土の質が変わり、色合いも変わるので、同じ地蔵は2つと生まれない手元供養品となっています。

地蔵のデザイナーの清水泰弘

内容物

手元供養のお地蔵さんベージュのセット内容

お骨を入れる納骨袋(正絹製)、納骨袋を入れるミニ骨壷(真鍮製)、ミニ骨壷を守るお地蔵さま(清水焼)、お地蔵様の下の敷物がセット内容となります。手元供養に必要なものが揃っています。

納骨について

ミニ骨壷の八角舎利ディティール

※サンプル画像は地蔵のベージュ色です

納骨方法

ミニ骨壷には遺骨が約30cc、お米にしておよそ20g程納骨できます。 付属の納骨袋にお骨を入れ、ミニ骨壷に入れたのちネジ式のフタを締めるだけの簡単に取扱できます。 納骨袋は正絹性で、お骨を入れ、口を紐で縛り、骨壷の中に入れていただきます。

骨壷内蔵

お地蔵さんの底から真ちゅう製のミニ骨壷を押し込むだけの特殊構造。ミニ骨壷にお骨を納めたあとお地蔵さんに内蔵します。取り出しはゆっくりと引き出すだけ。 <特許庁実用新案認定の技術>

 

ミニ骨壷

宣徳色という真ちゅうの金色の下地を活かした濃茶色。生産数が少ない職人による金属への漆塗りとなります。表面は蝋引きしてあり、触れば触るほど光沢がまし味わい深くなります。手作業のため、一点一点風合いが異なるのが特徴です。

両手で抱えるちょうどいい大きさ

お地蔵さんのサイズ比較

※サンプル画像は地蔵のベージュ色です

土の重みを程よく感じる大きさに仕上げています。故人に語りかけるとき、抱っこしたり、両手で包み込むように手元に収まるサイズ感です