手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

手元供養の台って、仏壇のようにしっかりしたものが必要なのか?そんなものを置くスペースもないし、そもそも和室もない。じゃあ手元供養できないの?

もしかしたら、このように思われて中々、手元供養に踏み出せない人もいるかもしれません。しかし手元供養に台というのは必須ではありません。

手元供養用の台はある


実際、手元供養では、専用の供養台を販売しているところもあります。手元供養ステージなどと言ったりします。博國屋でも、ボックスタイプの手元供養セットとして「偲」木製の台を使った「想」といった手元供養と合わせた台のセットというものがあります。

手元供養に必須なわけではありません。最近の家事情を考えて、少し小さめのサイズにしていますが、もっと省スペースで手元供養したいのであれば、台はいりません。

台ではなく敷物でもOK


キッチンカウンターに手元供養品を飾る人もいらっしゃいます。あまりスペースを大きく取ると邪魔になってしまうため、手元供養品のみを飾ることもあります。

その場合、少し寂しいかもしれませんので、手元供養品に敷物を敷くだけでも大丈夫です。お地蔵さんなどは、麻織りの敷物が付属していますので、シンプルでスマートに飾ることができます。

レイアウトは自由自在


 

ご遺骨を納骨して安置するため、手元供養品は、丁寧すぎるぐらいに扱う人もいます。もちろん大切な故人様なので、そのぐらいでいいのですが、あまり硬く考えずに、インテリアのような感覚で飾るのもいいと思います。

故人のハンカチを少しアレンジして敷物や座布団にして、その上に手元供養品を置くのもいいと思います。ホコリよけに、ガラスのケースの中に入れて守るのもいいです。

ぜひ心からの供養ができることを願います。

初めに

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について

商品を探す

お役立ち

お買い物ガイド