納骨お守り いのちのどんぐり -春-

いのちのどんぐりを購入したお客様の声

いのちのドングリ

ミニ骨壷いのちのどんぐりの正面と上から

東日本大震災を受け、2011年5月16日から年末まで博國屋店主山崎譲二は、全国の賛同者の協力を得て 被災者のご遺族に手元供養品「いのちのドングリ」を無償でお届けする「いのちのドングリプロジェクト」運動を行ってまいりました。 この間NHKをはじめ多くのテレビ、新聞社からご紹介頂き、全国の賛同者から戴いた2,045,535円のカンパを元に、 岩手、宮城、福島県の被災ご遺族の方に「いのちのドングリ」590個をお届けすることができました。 そして、2011年12月31日をもってこのプロジェクトは終了いたしました。この間様々なマスコミの報道を見て、何百人もの被災ご遺族以外の方からも、 「いのちのドングリ」を譲って欲しいとのお電話やメールをいただきました。このようなご要望にお応えし、 塗装を施すなど、永くご愛用頂ける仕様に改めた上で販売を行うこととなりました。

寂しい時はギュッと握りしめて心の対話を

ミニ骨壷いのちのどんぐり正面全体図

手のひらに納まる、大きすぎず小さすぎない手元供養品。金属製なので、ギュッと握りしめて故人を偲ぶことができます。 分骨する時にも適した大きさで、お骨を粉骨することで、より多くのお骨を入れることができます。

先端

ミニ骨壷いのちのどんぐりの先端のアップ

デザインは優しさをイメージし、先端は丸く、当たっても痛くないデザインに仕上げました。

納骨について

ミニ骨壷いのちのどんぐり納骨部分

ドングリの底はネジ式のフタとなっており、ここから、納骨頂けます。お骨だけでなく、遺品やお手紙なども入れる方もいらっしゃいます。

手のひらサイズ

ミニ骨壷いのちのどんぐり手で握った感じ

ギュッと握れる、大きすぎず小さすぎないサイズ。手元供養の名前に偽りない納骨お守りとなっています。 ※サンプル画像はいのちのドングリの春となっています。

納骨方法

ミニ骨壷いのちのどんぐりの納骨手順1

ミニ骨壷いのちのどんぐりの納骨手順2

ミニ骨壷いのちのどんぐりの納骨手順3

ミニ骨壷いのちのどんぐりの納骨手順4

納骨部分にはお米で約7g程の容量があります。お骨が大きくて入らない場合でも、高温で焼かれたお骨はとても脆くなっており、紙などに包んで折れば簡単に小さくできます。 付属の和紙に飴玉の包みのように巻いて、両端をねじってとめればこぼれません。ご遺骨以外にも、故人ゆかりの品を納める方もいらっしゃいます。 付属の布袋がございますので、携帯する時は、こちらの袋に入れて持ち運べます。

色展開

納骨容量とサイズスペック

商品画像

最大幅 25mm
高さ 67mm
素材 アルミ
納骨量 お米で約7g【目安】
付属品 布袋(生産時期により色が変わる場合がございます。) 納骨用和紙
販売価格 9,000円(税込9,720円)

博國屋の通販は送料無料

カテゴリで探す

価格帯で探す

お知らせ

お買い物について