ずっとそばにいたい・・だからリビングで手元供養

手元供養とは、自分の手元や自宅に遺骨を置いて供養をすること。方法は自宅に置いたりアクセサリーにして肌身につけたりと様々ですが、自宅に置くなら普段、起きている時に過ごす時間が長いリビングに置きたいという方が多いのではないでしょうか。

リビングに置いたら重々しい?

仏壇をイメージすると確かに重々しくなるかもしれません。でも、今の手元供養は多種多様。洋風のお部屋にも和風のお部屋、食卓のカウンターやリビングの飾り棚になじむ、おしゃれなデザインが沢山あります。

ミニ骨壺だけじゃない。アクセサリーやオブジェとして

やっぱり遺骨は骨壺に収めたいという方にはミニ骨壺がお勧めです。自宅でいつでもお線香をたてたり故人の好きなものをお供えしたりできます。
また、肌身離さずお出かけするときも、旅行も一緒に行きたいという方にはペンダントなどのアクセサリータイプや持ち運びやすい(破損しにくい素材)のオブジェがあります。

一つの選択肢としての手元供養

近年話題になっているとはいえ、まだまだ手元供養を知らない方もいらっしゃると思います。しかしながら、昔のようにお墓に納骨し、代々お墓を守り続けて行くというのが難しくなっている昨今、手元供養によって故人を偲ぶというのもひとつの供養の形であり、姿は見えなくてもいつでも語りかけることができることで心がすくわれる・・それも手元供養のいい所ではないでしょうか。

今一番、見られている手元供養はこちら