手元供養セットのサムネイル

手元供養とは


始めまして、手元供養品を専門に取り扱っている博國屋(ひろくにや)と申します。

手元で供養すると書いて"手元供養(てもとくよう)"と読みます。文字通り大切な故人を手元で偲び供養するという供養方法の1つとなります。ご遺骨を供養の対象とし、多くの場合、少量を分骨して自宅で供養することになります。そのため"自宅供養"と言われることもあります。

そのご遺骨を入れる容器のことを手元供養品と言います。ご遺骨を入れることができる量、デザインや素材など様々な種類があり、従来の供養品のイメージと違い、インテリアのようなデザイン性に富んだ手元供養品も多くあります。

手元供養の礎のサムネイル

コンセプト

手元供養品は いつでも"手元"で大切な"故人"を供養できるという目的のもとに考案されています。そのため、従来の骨壷より小さな大きさが多く、両手で抱えられる大きさのオブジェや携帯用に持ち運べたりするアクセサリーに納め肌身離さず付けることもできます。

博國屋代表が命名した「手元供養」。そこから始まった手元供養は今や全国に広まっております。 写真やお位牌のように故人の面影を感じられるものとし“お骨”をお地蔵さんのオブジェや、 ペンダント、小さな骨壷などに納めます。 手を合わせることで癒され、ときには握りしめ大切な方とをつなぐ心の拠りどころとなります。

なぜ広まっているのか?


 

イエ意識のイメージ

「イエ」意識の変化

現代では、2世帯住宅ではなく、核家族化した"イエ"(家族)の意識が変化してきました。

お墓と言えば先祖代々で守っていき、いずれ継がねばならないなど、代々という意識が薄れ、ご先祖様を供養するのではなく、個人供養になり 供養がより身近なものとなってきました。そのためお墓ではなく個人を供養できる何かが求められています。その何かのひとつが手元供養です。

お骨の行き先の選択肢

従来の考えて違い、お骨は絶対にお墓ではなく、散骨や樹木葬など新しい葬法を考える方が増えてきています。さらにお骨を全て納骨せず、身近でも供養したいために、分骨し手元供養品へと納骨する方が増えてきました。

ご遺骨を対象とする手元供養


 

粉骨のイメージ画像

お骨はその方の生きた証、だから特別に心がこめられるのです。 魂魄思想では、魂は天に昇り肉体である魄(死しては白骨)は地に潜ると考えられてきました。 そのため、手元供養が魄であるお骨を寄り代とし手を合わせ思いをはせることで大切な故人の魂を呼び寄せる「小さなお墓」云えます。

手元供養を選ぶ理由


 

法要イメージ
  • ■なかなかお墓参りができない。※お墓が遠い、忙しい、高齢になった等
  • ■散骨や合葬をしたので手を合わせるところがない。
  • ■次男三男、嫁いだ身でも親の供養をしたかった。
  • ■早く旅立った大切な人をそばにおいてあげたい。
  • ■いつも一緒にいる感じがする。故人を身近に感じられる。
  • ■高額なお墓ではなく、身近で心からの供養がしたい方。

分骨や自宅での保管について


 

手元供養のお墓以外の選択肢

ご遺骨を手元供養品に入れ供養しますので、自宅で安置することになります。お骨を自宅に置くことに不安を覚えるかもしれませんが、お骨の保管というのは法的規制はありません。自宅の庭に「埋葬」することは禁じられていますが、自宅に安置することはまったく問題ではありません。

また一部をお墓に入れ、残りを手元供養品に納骨したい場合「分骨」することになりますが、分骨も法的に問題はなく、罰当たりなことでもありません。仏教の祖であるお釈迦様のお骨も実は世界中に分骨されているのです。

手元供養の注意事項


 

手元供養とは

家族と相談

納骨に対する考え方で、分骨することを望まない人がいれば衝突が起きるかもしれません。手元供養をするのであれば家族間で相談しておきましょう。もし故人の意思であれば、生前にしっかりと確認しておきましょう。

分骨証明書

手元供養品の中に入るお骨は故人のお骨です。しかし他人からしたら、誰のご遺骨なのかわかりません。もし何かしら理由があり、手元供養品の中のお骨をお墓に入れたくても、誰のお骨かわからなければ納骨することができません。後々どこかに納骨する予定があれば、火葬場で「分骨証明書」、「火葬証明書(分骨用)」を発行しておきましょう。

詳しくは「残りの遺骨の考え方」をご参照ください。