残りの遺骨とはどういうことでしょうか?手元供養をしている方と、手元供養をする前では残りの遺骨というのが変わってきます。

手元供養をやる前の残りの遺骨


手元供養は、お骨の行き先の一つです。散骨と手元供養、お墓と手元供養、樹木葬と手元供養といった感じに分骨するのが多いと思います。

手元供養にすべてのお骨を入れることはなく、手元供養に入れたお骨と"残りのお骨"の行き先を考えなければなりません。

分骨ということを考えなかった時は、すべてのお骨をお墓に入れるため、「残りのお骨」という言葉もなかったでしょう。

手元供養のように分骨して供養する時に「残りのお骨」ということを考えるようになりました。

手元供養をした後の残りの遺骨


例えば、海にお骨を撒く海洋散骨をして、一部を分骨し手元供養にしたとします。手元供養をするのは残された人になります。

その方が亡くなった場合、手元供養に納骨したお骨を"残りの遺骨"という場合があります。この残りの遺骨について考えることは少ないと思います。

自分はまだまだ元気で、大切な方の手元供養をして生活していきます。ですが、悲しいかないつか終わりがきます。その場合この残りの遺骨の行き先を考えなければなりません。

知らない人からしたら、お骨が入っていることもわからないかもしれませんし、お骨が出てきたらびっくりすると思います。証明書があるわけではないので、どうしたらいいのかと混乱するかもしれません。

なのでこの残りの遺骨についてはしっかりと考えるべきでしょう。

また別の記事の残りの遺骨についてお話しようと思います。

今一番、見られている手元供養はこちら