手元供養を探されている人は、どこに飾ろう?と具体的に考えている方もいらっしゃいます。だけども初めてで、仏壇なども持たれていない方は、どう飾っていいのかわからず、お問い合わせを頂くことがあります。そういう場合、全て揃ったセットというのは良いものです。

新たな手元供養セットのニューラインアップ


以前から手元供養セットとして、博國屋の代名詞のお地蔵さんと台座などを合わせたセット品というのをご好評頂いておりました。そこでさらにバリエーションを増やそうと思い新たなセット品を作りました。

ひのきとひのき


 

題の通り、ひのきの骨壷とひのきの台座を合わせたセットとなっております。今年発売したミニ骨壷のひのきの骨壷とこれまた同時発売したひのきの台と写真台のひのきの台座の方を組み合わせたセットです。プラスでチェリンミニと一輪挿しがセットに含まれます。

ひのきとひのきは同素材ながら、木目や色味が微妙に違うので一体感がありながら、それぞれが主張していい雰囲気を醸し出しています。

そこにちょっとしたお花と、心を鎮める清らかな音色で故人との語らいを演出します。

初めての方に優しい


手元供養を初めてされる方は、「これであっているのかな?」

今一番、見られている手元供養はこちら