手元供養のミニ骨壷には、色々なものがあります。何が色々かと言うと、「大きさ」、「形」、「素材」、「用途」、「色」と色々です。

例えば洋服なら、Mサイズで細身のシルエット、コットンとリネン、普段着使いの白色のシャツといった感じです。

この中で素材について、それぞれの良い所をご紹介します。

ミニ骨壷が木製ならば


素材のもつ温かみ

火葬場で納骨する骨壷は白磁器の白く無機質なイメージがありますが、変わって木の骨壷だと温かみを感じます

天然のデザイン

木の種類にもよりますが、博國屋の木の骨壷は「ひのき」を使っており、木目とのコントラストがあり、天然の模様が美しく感じます。同じ柄は出ないのでオンリーワンのモノというのもポイントです。

軽さ

そして軽いです。陶器だと6寸タイプでも少しずっしりと重さを感じますが、ミニ骨壷だと軽いので取り扱いやすくなっています。

割れる心配もない

陶器など落としたら割れるのはもちろん、慎重に取扱しなければ欠けたりと、壊れる心配があります。しかし木の骨壷は、外からの衝撃で凹んだりするものの割れる心配はほぼないですね。

上記の良さがすべて詰まった手元供養の木の骨壷がこちらです。丹州(京都の北部)で作られたひのきを使った骨壷です。柔らかくも優しい風合いの骨壷です。

ひのきシリーズ ひのきの骨壷-藍染- 商品ページへ

ミニ骨壷が金属ならば


強さ

博國屋の金属製の骨壷といえば、なごみ-漆-です。真鍮製なのですがやはり強いです。もともと地震で骨壷が割れてしまったというお客様の声から生み出されたもので、割れないよう設計しています。

こんなことは、まあ無いとは思いますが、棚から落として、踏んでしまっても中のお骨は守られます。

重さ

重いです。ミニ骨壷の大きさでも結構ずっしりとします。科学的な話でいえば、水が1だとしたら、真鍮8.45といった比重の差です。

重さのデメリットでいえば、落とした時に床が傷つくことでしょうか。

精密な加工

博國屋の金属製の骨壷はネジ式のフタ仕様なのですが、このネジ山の精度が非常に高く、中に水を入れてもこぼれない精度となっています。

上記の良さがすべて詰まった手元供養の金属の骨壷がこちらです。片手で持てる真鍮製の骨壷に珍しい金属漆をほどこした一品です。京都で作られた真鍮の容器に彦根の限られた職人だけが生み出せる宣徳色の漆仕上げです。

金属製の骨壷 なごみ漆 商品ページへ

木製か金属どちらがいいのか?


手元供養としての機能を追求するならどちらももちろん果たしてくれます。もし自分がどちらかの容器で手元供養をしていて、その後自分が最期を迎える時には、中に入っている納骨袋を自分のお棺に入れて貰うこともできます。

残された人の負担にもならない手元供養となっています。どちらがいいのかと問われるとどちらも良いです。結局は好みで選ぶのが一番です。

今一番、見られている手元供養はこちら