手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

のど仏が入る骨壷は、このぐらいの大きさがあれば十分 -手元供養のことなら京都博國屋

※この記事には、のど仏(第2頚椎)のサンプル模型の画像が使われております。本物を模した骨の形のサンプルとなっております。

のど仏って?


生きている時にイメージする「のど仏」と、遺骨の「喉仏」(分かりやすいように漢字とひらがなで区別しています)は実は違います。特に男性の方で中学生の「声変わり」の時期、のど仏が大きくなり、ボコッと出てきたという方も少なくないはず。

実はこの「のど仏」の正体は甲状軟骨という軟骨なのです。しかし軟骨は火葬することにより無くなってしまいます。でも火葬された遺骨を見たことある方は、仏様が合掌しているような形の「のど仏」を見たことがあるかもしれません。

この仏様の形の方は、脊椎の上から2番目の"骨"のことになります。手元供養のミニ骨つぼに納骨するのは、この第2頚椎の「喉仏」になります。

喉仏の大きさ


実際、のど仏の大きさってどのぐらいなのでしょう?なんとなく喉元を観察してみると、女性より男性の方が大きいイメージでしょうか?また首元をみると男性でも大きく差があるように思えます。

っと上記のように、拾骨するときの喉仏は、この部分ではありません。

頚椎は背骨になるので、外からみてもあまり大きさのイメージがつかないと思います。骨のことなので、身体が大きく、骨太な方の方が大きいと思います。

博國屋には、喉仏の骨のサンプルがあります。これはドイツ人の男性の第二頚椎を模したものとなります。

平均の日本人より大きいと云われており、横幅最大5.3cm、縦最大5.1cmとなっています。

ひのきの骨壷の誕生


 

喉仏が入る骨壷


実は、手元供養品の中のミニ骨壷の多くは、喉仏を入れることはできません。ミニ骨壷の名前の通り、"ミニ"サイズのものが多く、喉仏を崩さずに入れることは難しいものばかりです。
サンプルの写真のように、喉仏が綺麗な形のまま残ることは少なく、脆くなった遺骨は少し形が崩れて、サイズも多少小さくなっています。しかし、できるならこれ以上崩さず、納骨したいと思うことだと思います。

というわけで、喉仏を余裕をもって納められる大きさの骨壷を作りました。それが「ひのきの骨壷」です。最後の最後まで微調整をしてようやく完成しました。

京都は北の丹波で作っているのですが、すべて手作業で作っているため、数多くは作れない骨壷となっています。

大きな"ミニ"骨壷


骨壷の中ではミニの部類ですが、ミニ骨壷の中では大きな骨壷です。内径は、約6.2cmと、大きく、形を残している喉仏でも、余裕を持って納骨することができます。

そのままではなく納骨袋と


ミニ骨壷にそのままお骨を入れるのではなく、白くきれいな正絹製の納骨袋をご用意しています。もちろんのど仏の大きさ+納骨袋の大きさを考えた作りになっていますのでご安心ください。

喉仏が入るひのきの骨壷付属物

喉仏のサイズを基準に


手元供養をする方で、喉仏を入れたいという方も少なくありません。ミニ骨壷の中に納骨する、お骨の種類には決まりはなく、どこの部分でもいいですし、形を残さず、粉骨したお骨を入れたいという方も多くいらっしゃいます。

ただ、やはり、喉仏という仏の形に見えるお骨に、神秘的な気持ちを抱く気持ちはわかります。("仏"様ですが、"神"秘的・・・)

できればそのまま形を残しておきたい、大切にしたいと思う気持ちを叶えられるそんなミニ骨壷です。多くの手元供養品が世の中にはあれど、喉仏を基準に作られたミニ骨壷は、そう多くありません。

ご紹介したミニ骨壷の商品ページはこちら


 

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について