手元供養のミニ骨壷に納骨を


 

遺骨を骨壷に入れることを納骨といいます。お骨を納める行為ですね。また骨壷に入ったお骨をお墓や納骨堂に納めることも納骨といいます。

ですので、人が亡くなると火葬され、「骨壷に納骨」されます。その後、石のお墓でしたら、お墓の下のカロートという空間に「骨壷ごと納骨」されます。

手元供養に納骨するというのは、この間に納骨することが多いと思います。お墓に納骨する前に分骨しておこう、または散骨する前に分骨しておこうといった感じです。

ミニ骨壷への納骨とは


 

手元供養のミニ骨壷に納骨するやり方は、おそらくわからないと思います。簡単なのですが、「これでいいのか?」と不安に思ったりしるかもしれません。

博國屋の手元供養のミニ骨壷には、正絹製の納骨袋がついております。直接手元供養品にお骨を入れるのではなく、優しく包みこむようにお骨を入れてから、手元供養品に納骨します。

通気性もあるので、お骨を守ってくれますし、天然素材なので、自分が最期を迎える時には、自分の棺に入れて火葬してもらうこともできます。

喉仏が入るひのきの骨壷付属物

お骨の入れ方


 

ミニ骨壷なごみの納骨方法

上記の写真はお米ですが、火葬したお骨は非常に脆くなっていますので、形は残っていても、欠片も多く残っています。

プラスチックの簡単なスプーンで掬ったり、お箸でつまんで入れたりするので大丈夫です。小さな欠片などは見えにくいので、濃いめの色紙の上で、納骨作業を行うと良いかもしれません。

最期は紙を漏斗状にして、刷毛で撫でるように全てのお骨を納骨してあげてください。納骨袋に入れた後は、少しトントンとして中の空間を埋めるようにしてあげると、少しでも多くのお骨が入れられます。

口を紐で絞って閉じるので、満杯にいれず、少し余裕をもった量に調節しておいてください。

と言葉でツラツラと書きましたが、内蔵するにはもったいないぐらいの良いものになっています。ですが、お地蔵さんは皆を守るという意味合いもありますので、お骨を大事に守るために、お地蔵さんに内蔵するという形になっています。

お地蔵さんの底から骨壷を入れるのですが、簡単に抜けることはないのでご安心ください。

気になる方は、ぜひお問い合わせください。またお近くの方は、博國屋の事務所の展示スペースで見て触って頂くこともできるのでお気軽にどうぞお越しください。

今一番、見られている手元供養はこちら