A:安心、安全にお使い頂けるよう、素材からこだわっています。丈夫で割れない、水をいれてもこぼれない骨壷がございます。

手元供養品は、自宅供養とも言われ、家で安置できるようにオブジェタイプのものがございます。インテリアのように飾るのですが、掃除や、模様替えで場所を移動することもあると思います。そんな時、不注意で、壊してしまうかもしれません。オブジェが壊れて、さらに中のお骨もこぼれてしまうとなると後悔してもしきれません。博國屋の手元供養で金属の骨壷に納めるタイプは、地震などで倒れて骨壷が割れてしまったという、お客様の声を元に制作されています。そのため、丈夫で、こぼれないという安心を設計しました。金属製なので、ちょっとやそっとの衝撃では割れません。そしてフタ付きなのですが、そのフタは水を入れてもこぼれない精度で作られています。お骨自体も柔らかな正絹製の納骨袋で守られています。携帯タイプなどは、納骨したあと、密閉するように、ボンドで接着するのでこぼれる心配はございません。ペンダントは特性上露出をしていますが、通常のペンダントで考えるとそうそう、大きな衝撃があるものではございません。問題は納骨する口から溢れる心配ですが、こちらもボンドで口を塞ぎ密閉しますので、その心配もございません。
陶器製オブジェタイプは、外側はどうしても落下や衝撃により破損する可能性はございますがお骨は骨壷によって守られます。

今一番、見られている手元供養はこちら