手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養について

遺骨を郵送

手元供養と送骨は良い相性なのか考えてみる

博國屋は手元供養専門の会社です。なので手元供養に関するお話をメインにしております。では送骨とはなんでしょうか?字面から散骨のようなイメージもありますね。「送」る言葉のように、お骨に対して特別なことをして送りだすような供養 […]

続きを読む

手元供養はこのような方に使ってほしい

手元供養はこのような方に行って頂きたい。もちろんそれ以外も

手元供養は広まってきているとはいえ、目にする機会は少ないと思います。その存在自体知らない方もまだまだ多いのが現状です。しかし時折、手元供養を知らなくても、手元供養と同じことをしたいと考えている方と出会います。 結局は心か […]

続きを読む

納骨前に手元供養にお骨を入れる

お墓に入れる前に手元供養にお骨を入れたい

手元供養をする上でよくある話なのですが、お墓に納骨する前に手元供養に納骨したいという方がいらっしゃいます。分骨するには申し分のないタイミングです。こういう時は少し注意をということを紹介します。 直前は間に合わないかも 手 […]

続きを読む

手元供養のミニ骨壷への納骨方法

手元供養のミニ骨壷への納骨方法は簡単です。

骨壷への納骨をする機会というのは人生でそう多くないと思います。ましてや自分の骨を自分自身で納骨することもできません。石のお墓に納骨は石屋さんがやってくれますし、骨壷のままカロートに入れることもあり、骨壷から取り出し別に移 […]

続きを読む

ミニ骨壷なごみ漆色のサムネ画像

これは手元供養のミニ骨壷の完成形の1つだと思います。

手元供養のミニ骨壷の紹介です。手前味噌ですが、博國屋の手元供養品の1つであるなごみ漆の良い所をご紹介。 良い所を詰めました いざ手元供養品を作るとなったらどういう考えで作りますか?おそらく世にある商品と同じような思考も入 […]

続きを読む

お地蔵さんの背中の文字

手元供養の骨壷に文字入れする場合は戒名?それとも俗名?

博國屋の代表的な手元供養品でお地蔵さんというミニ骨壷が付属した可愛らしい納骨オブジェがあります。他のどの手元供養品と比べても一番手元供養品に向いているのではないかと自負しています。 今回はそんなお地蔵さんがメインの話では […]

続きを読む

手元供養を携帯する

手元供養を継承するにあたって、必要なこと?

祭祀継承権という言葉を聞いたことがあるでしょうか?私はありませんでした… 祭祀を継承する権利と想像が付きますが「祭祀」とは?この言葉単体では、祭りとなりますが、継承権と付くと、お墓やご遺骨の事となります。 では手元供 […]

続きを読む

手元供養はお盆の時期に何をする

手元供養はお盆の時に何をやればいいの?

今年もお盆が近づいてまいりました。ご先祖様が帰ってきます。特別なことはしなくても家族一同が揃う行事になっている人もいるかもしれません。 お盆と一緒に考えるのがお墓参り。では手元供養の場合は何をしたらいいのでしょうか? 特 […]

続きを読む

手元供養をお盆の時期に考える

手元供養をお盆の季節に考えてみるのもいいかもしれませんね

日本で故人を思い起こす日といえばお盆の期間ではないでしょうか?お盆は仏教事ですが、関係なくどんな人でも感じ入る文化だと思っています。 8月13日から16日が一般的で、京都に住んでいるからか大文字の送り火の印象も強いです。 […]

続きを読む

手元供養の残りの遺骨の考え方

手元供養の残りの遺骨の考え方

残りの遺骨とはどういうことでしょうか?手元供養をしている方と、手元供養をする前では残りの遺骨というのが変わってきます。 手元供養をやる前の残りの遺骨 手元供養は、お骨の行き先の一つです。散骨と手元供養、お墓と手元供養、樹 […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について