手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養ブログ

失敗しない手元供養選び

失敗したくない手元供養選び。気をつけることは?

手元供養をされる方は、大体が初めての方です。商品の特性上、そうなるのはもっともなのですが・・・ 何事にも最初というのがあり、初めての場合、失敗して元々と開き直ることもありますが、手元供養の場合絶対に失敗したくありません。 […]

続きを読む

手元供養の地蔵は瑞光窯で作られています

手元供養の地蔵は250年の歴史がある瑞光窯で作られた清水焼です

博國屋の手元供養品の看板商品である優しいお顔のお地蔵さまは清水焼きの焼き物です。機械で作るよな大量生産品ではなく、1点1点土から作っているので、年間でも限られた数しか作ることができません。 京都の今熊野という地域にある窯 […]

続きを読む

ノーイメージ

【重要】消費税率改正に伴う、税率の適用について

令和元年(2019年)10月1日より消費税が8%から10%に変わります。 サイト上は9月30日まで8%の消費税率となりますが、10月1日以降は10%の表記となります。(システム上のタイムラグがございます、ご容赦ください) […]

続きを読む

急いでいる男の人のイラスト

手元供養の納骨のお急ぎの場合、ご相談ください。解決できるかもしれません。

大切な人が亡くなってからお墓に納骨するまで、あっという間に時間が過ぎたという方がいらっしゃいます。心の整理がつかないまま、お葬式や火葬を経て、そのた諸々の処理をしたらあれよあれよと四十九日が来て納骨… 今や直葬など、 […]

続きを読む

手元供養したいと両親の骨を分骨する

このような場合、手元供養はどうすればいい?-分骨・粉骨編-

手元供養をする時にいただくお問い合わせで「ご両親のために手元供養したい」というのが少なくありません。そして両親の希望なのか、お骨の行き先がお墓ではなく散骨という場合があります。 おそらく順番的には、両親の願いで散骨したい […]

続きを読む

手元供養は通販でも問題なし

手元供養は通販でも店舗でも同じは同じ。amazonから楽天まで

通販ではなく、実際に目で見て触って買いたい!という方も少なくありません。博國屋の手元供養も本HPの通販で購入することができますが、実際に事務所までお越し頂いてお買い上げ頂くこともあります。 実際、通販でも直接でも同じもの […]

続きを読む

喉仏が入るひのきの骨壷のサムネ

手元供養品でお骨がたくさん入るものはどれ?

手元供養に納骨するならできるだけたくさんのお骨を入れたいと思うのが普通だと思います。お骨の量で供養の気持ちは変わりませんが、故人であるご遺骨をなるべく多く手元に置いておきたい、それならどの手元供養品を選べばいいの? ミニ […]

続きを読む

火葬証明書が5年で消えた?!

手元供養をする時お気をつけください。火葬証明書が消えるかもしれません…

手元供養をするときに納骨するお骨はもちろん焼骨です。日本は火葬率99%の火葬文化です。火葬するためには、火葬許可証が必要です。そして火葬した後、葬場で火葬証明書が取得できます。 この火葬証明書が、埋葬許可証になります。し […]

続きを読む

遺骨を郵送

手元供養と送骨は良い相性なのか考えてみる

博國屋は手元供養専門の会社です。なので手元供養に関するお話をメインにしております。では送骨とはなんでしょうか?字面から散骨のようなイメージもありますね。「送」る言葉のように、お骨に対して特別なことをして送りだすような供養 […]

続きを読む

手元供養はこのような方に使ってほしい

手元供養はこのような方に行って頂きたい。もちろんそれ以外も

手元供養は広まってきているとはいえ、目にする機会は少ないと思います。その存在自体知らない方もまだまだ多いのが現状です。しかし時折、手元供養を知らなくても、手元供養と同じことをしたいと考えている方と出会います。 結局は心か […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について