手元供養はアメリカでも買えるのでしょうか?

海外の手元供養の文化も気になるところです。有名なところでいくと、博國屋でもご紹介させて頂いている、「手元供養ダイヤモンドのアルゴダンザスイス」です。これは遺骨をダイヤにする、美しい手元供養ですね。スイスですね。日本ではアルゴダンザジャパンがあります。ダイヤモンドの資料請求もできますので、気になる方は資料をお送りします。

 

手元供養とアメリカ


アメリカとなると、映画やドラマなどでよく見られる土葬です。土葬文化ですが、最近は火葬が増えてきているようです。

火葬の方が経済的といった理由もあるようです。

土葬では手元供養は難しいですが、火葬となると、アメリカでも手元供養が増えてくるかもしれませんね。お骨に対する考えの違いもありますので一概には言えませんが。

博國屋の手元供養品がハワイで


アメリカはアメリカでもハワイです。実は【小さなお墓「手元供養」】ということで、Hoku Memorial Services[ホクメモリアルサービス]で販売頂いております。「ハワイ 手元供養」で検索してもらえれば、ヒットします。

ハワイで葬儀や告別式、海洋散骨もすることもできるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

散骨での注意

散骨される方が年々増えておりますが、散骨すると手元には何も残らないため、手を合わせる対象というものがありません。

例えば海全体が対象とも言えますが、やはり手元に何か欲しいという方が多くいらっしゃいます。それができるのは、散骨する前です。

散骨してもらう業者によったら、手元供養を紹介している所もあります。散骨をする前に一度ご家族で分骨するか否かも検討すると良いと思います。

ぜひ心からの供養ができるよう願います。