博國屋でもご紹介しているアルゴダンザの遺骨ダイヤモンドがやっぱり美しいので、またまたご紹介させていただきます。他にも「最も美しいと言われる手元供養は遺骨のダイヤモンド」でも紹介しています。てっとり早く資料が欲しい方は、下記の無料資料請求からお申込みください。

無料ダイヤモンドの資料請求

ダイヤモンド葬


色々な埋葬方法があります。日本では火葬率99%のため、土葬というのはほとんどありません。海外の映画などのワンシーンで、棺のまま地面に埋める土葬を見たことがあるかもしれません。最近では土地の確保や、低コストにするため火葬がどんどん浸透しているようです。樹木葬もありますし、海や山に骨を巻く散骨もあります。

鳥葬というのも聞いたことがあります。自然の巡りに戻るだけなので死は終わりではないという考えらしいです。

その中でも最も美しい手元供養としてダイヤモンド葬があります。

ダイヤモンドは永遠の輝き


「A Diamond Is Forever」というフレーズは生まれてからすでに70年経っているようです。これまた知らなかったのですが、ダイヤモンドっていうのはずっと貴重なものとして扱われていたと思ったのですが、1700年代の半ば頃はそこまで価値がなかったようです。

まあ遺骨ダイヤモンドに限っては、故人と残された人にとっては、何事にも代えがたい価値があります。

美しい手元供養


もちろんこの遺骨ダイヤモンドは「最も美しい」と言ってもいいと思いますが、価値観により美しさは変わってくると思います。鳥葬のように、自然の循環に巡ることが美徳と感じる人にとっては、鳥葬が一番ですし、樹木葬が良い人は樹木葬が一番美しいかもしれません。

故人の遺志と残された人の供養への意味を込めたらどんな供養でも、その人にとって一番美しいと思います。

美しい手元供養


もちろんこの遺骨ダイヤモンドは「最も美しい」と言ってもいいと思いますが、価値観により美しさは変わってくると思います。鳥葬のように、自然の循環に巡ることが美徳と感じる人にとっては、鳥葬が一番ですし、樹木葬が良い人は樹木葬が一番美しいかもしれません。

故人の遺志と残された人の供養への意味を込めたらどんな供養でも、その人にとって一番美しいと思います。

遺骨から製作


そもそもダイヤモンド葬は遺骨から製作し、永遠の輝きとなったダイヤモンドを故人の形見でもあり、墓標として供養する方法です。

故人が揺るぎない美しいものになり、故人にとって安心とともに誇らしくもなるかもしれません。手元供養のように、一部のお骨を分骨するのではなく、遺骨全てを使用して製作なので、お墓もいりません。

炭素で作る?


ダイヤモンドは炭素です。そういってしまうとロマンはないですが、化学的にはそうなります。遺骨ダイヤモンドに使うご遺骨は、火葬されたお骨ですが、火葬時に炭素は燃え尽きていると危惧される方もいらっしゃいます。

アルゴダンザによると、火葬された遺骨に炭素がなかったという人は"いない"ということです。また現状の火葬の温度では燃え尽きることはなく、数%残っている中から作ります。

炭素成分から人工的にダイヤモンドを作ること自体は50年以上前に発明された技術なので、安心です。

もっとダイヤモンド葬を知りたい方は、ぜひ詳しい資料をお送りいたします。

無料ダイヤモンドの資料請求

今一番、見られている手元供養はこちら