手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

お問い合わせ電話番号0120169281

手元供養の老舗京都博國屋のロゴ

カテゴリー: 手元供養ブログ

手元供養を携帯する

手元供養を継承するにあたって、必要なこと?

祭祀継承権という言葉を聞いたことがあるでしょうか?私はありませんでした… 祭祀を継承する権利と想像が付きますが「祭祀」とは?この言葉単体では、祭りとなりますが、継承権と付くと、お墓やご遺骨の事となります。 では手元供 […]

続きを読む

手元供養の骨壷っぽくない骨壷

手元供養は骨壷っぽくないのを選びたい

手元供養の骨壷は骨壷っぽくない良いと考える人は少なくありません。人は見かけじゃない、中身が大事だと言うこともありますが、大事な中身を満足いく外側で覆うのも大切です。 外見は内面の一番外側とも聞きます。骨壷であって骨壷でな […]

続きを読む

手元供養はお盆の時期に何をする

手元供養はお盆の時に何をやればいいの?

今年もお盆が近づいてまいりました。ご先祖様が帰ってきます。特別なことはしなくても家族一同が揃う行事になっている人もいるかもしれません。 お盆と一緒に考えるのがお墓参り。では手元供養の場合は何をしたらいいのでしょうか? 特 […]

続きを読む

手元供養をお盆の時期に考える

手元供養をお盆の季節に考えてみるのもいいかもしれませんね

日本で故人を思い起こす日といえばお盆の期間ではないでしょうか?お盆は仏教事ですが、関係なくどんな人でも感じ入る文化だと思っています。 8月13日から16日が一般的で、京都に住んでいるからか大文字の送り火の印象も強いです。 […]

続きを読む

手元供養の粉骨メリット

手元供養と粉骨をする人が増えている理由は?

最近のお客様のご要望でよく聞くのは、手元供養と粉骨です。確かに手元供養するのに粉骨するのは良いと思います。ですが手元供養のために粉骨するのではなく、あることのために粉骨するようです。 粉骨するとお骨が 何回か粉骨について […]

続きを読む

納骨ペンダントの黒檀と紫

手元供養のペンダントは金属製しかない?!そんなことはないですよ。

手元供養のペンダントを探すと、どうも金属製のものが多いですね。お洒落なデザインも多く、パッとみてもお骨が入っているようには見えません。 デザインは良いのだけれども、少し冷たい感じがすると思う方には、天然素材の納骨ペンダン […]

続きを読む

ひのきとひのきの手元供養セット

手元供養のセットに新しい商品が並びました。ひのきとひのき

手元供養を探されている人は、どこに飾ろう?と具体的に考えている方もいらっしゃいます。だけども初めてで、仏壇なども持たれていない方は、どう飾っていいのかわからず、お問い合わせを頂くことがあります。そういう場合、全て揃ったセ […]

続きを読む

手元供養の残りの遺骨の考え方

手元供養の残りの遺骨の考え方

残りの遺骨とはどういうことでしょうか?手元供養をしている方と、手元供養をする前では残りの遺骨というのが変わってきます。 手元供養をやる前の残りの遺骨 手元供養は、お骨の行き先の一つです。散骨と手元供養、お墓と手元供養、樹 […]

続きを読む

手元供養の最近の傾向

手元供養を購入する方の最近の傾向

手元供養をご購入頂く方は様々です。一番多いのは配偶者の方へ、思いを込めて手元供養を選んだという方です。故人の意思を尊重しつつ、残された人の心が満たされる供養を選ばれています。 自由な供養が広がってきた 人が亡くなるとどう […]

続きを読む

手元供養を初めてする方へ

手元供養を初めてする方へ、形に縛られない供養を

手元供養は、お骨を対象とし、自宅や手元で供養することです。詳しくは「手元供養とは」をご参照頂ければと思います。 手元供養を初めて行う方、手元供養が気になるが自分に合っているのか知りたい方へ、手元供養の役割がこのような方の […]

続きを読む

  • 手元供養の博國屋代表山崎譲二

    自己紹介

    「はじめまして、ひろくに屋店主の山崎譲二です。手元供養品を2002年から京都で製造販売しております。手元供養についてわからないことございましたら、いつでもご相談ください。」

    >>詳しい自己紹介

  • 配送について