A:分骨を、例えば、お墓と手元供養品に分けるだけでなく、兄弟姉妹に分けるなど、数箇所に分骨されてもまったく問題はありません。

手元供養は、2ヶ所に分骨、○ヶ所以上は駄目といった決まりはありません。「手元供養で分骨するなんてバチあたり?」の質問でもありましたが、お釈迦様のお骨は世界中に分骨されています。
供養の気持ち、故人を偲ぶ気持ちがあり、ご家族で分骨されるのであれば、問題ありませんし、その方が故人様にも喜んで頂けるかもしれません。ただ、やたらめったらに分骨するのはおすすめしません。できるのであれば、生前の間に合意をもって分骨する話をしておきましょう。
手元供養品に入れる御遺骨は、量、骨の部位によって価値が変わるものではありません。分骨の際にトラブルにならないよう、最低限の知識をもっておきましょう。
参考:「手元供養品には喉仏を入れた方がいい?
分骨することは、よくあることではありませんが、昨今海洋散骨などが増えてきており、分骨もそれに比例して増えております。その時、「分骨証明書」という言葉を聞くかもしれません。名前からすると、分骨する時、または分骨を行った時に必要な書類に思われるかもしれませんが、手元供養品に分骨する時は必要のないものです。これは「分骨したお骨をお墓や納骨堂などに納骨する」時に必要なものです。